「少年A」この子を生んで…|少年Aの父母

内容紹介:
14歳の息子Aが、神戸連続児童殺傷事件の犯人「酒鬼薔薇聖斗」だったとは――。逮捕当日まで、我が子の犯行を想像すらできなかった両親が、悔恨の涙とともに綴った手記。
「帰れ、ブタ野郎」逮捕以来、初めて少年鑑別所に収容されたAに面会に行ったとき、この一言を浴びせられた。そして、涙をいっぱいに溜めた目をして、すごい形相で睨みつけてきた。私たち親は、どこで、何を、間違えたのか。息子の何を見ていたのか。Aが抱えている問題はどこまで深刻だったのか。そして父親として、母親として、これから何ができるのか。
14年にわたるAとの暮らし、事件前後の家族の姿、心情をありのままに記した、衝撃のベストセラー。

この本が出て間もなく、知人に借りて読みました。

どことなく父母の対応や表記に違和感を覚えるという評価も少なくなかったこちらの本ですが、当時まだ学生だった私は、両親は普通の人で普通の対応ではなかったかという印象でした。

結婚して出産した今、読み返してみました。

万引きで学校へ呼び出され、何度もナイフを取り上げながら、
深刻にとらえることなく、少年Aを野放しにしていた感が拭えません。

とは言っても、周囲の紹介や両親としても「少年A」の異常性を感じていたのか??

精神科や児童相談所へ連れて行ったりはしていたものの、
医師や母親の説明によっては、

「構いすぎ」と言われたり、「放任すぎ」と言われたり…、
両親としても戸惑いは相当だっただろうと思います。

どんなに学校へ呼び出されたり補導されたとしても、まさか人を殺めるとは考えもしないでしょうし、

元不良芸人の方が、

何度も学校へ呼び出されても、自分と一緒に謝り続け、自分を愛し抜いてくれた両親に感謝している

と言っていたし、不良(非行?)少年・少女の親なんてそんなもんかもとも思う一方、

女の子を追いかけまわして学校へ呼び出されたこともあったそうで、
それはさすがに常軌を逸してないか?
それはしばらく様子見では済まない気もした。

「少年A」で娘を殺害された遺族が書かれた本の中で、

「少年A」の両親と初めて会った時、両親はただ泣いてうつむくばかりで
帽子とマスクで表情さえ読み取ることができなかった

という記述があったが、

加害者側の立場を知ると、連日の警察の家宅捜索に事情聴取、
「少年A」との面会も拒否され続け、被害者側へ謝罪へ行く時間も機会も無かっただろうと思いました。

とはいえ、

こちらの本の冒頭で、

この本の印税の全てを、被害者の方々への償いの一部にさせていただきます

と記載しておきながら、その後

「少年A」の弟二人の学費や、生活の為と言って、支払額を渋っているというような報道もあったので??

気になる方は、図書館で借りられるのがいいかと思います。

父と母 悔恨の手記 「少年A」 この子を生んで……

「少年A」の父母 文藝春秋 2001年07月10日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

「少年A」が小さいころからの記述もあり、本のタイトルの

この子を”育てて”ではなく”生んで”というのが変だなと思っていましたが、
あえて”生んで”にした理由も分かりました。

事件によって、父親は仕事を続けることが困難になった。

そうでなくとも裁判やら何やらで仕事を休み、被害者への賠償金以外にも親族や近隣住民やらの謝罪等でお金が必要になるはず。
”印税を全額償いとして”なんて絶対無理だと分かり切っているのに、

そうやってできもしない約束を公言してしまうところとかは、
人としてどうなんでしょうねとは思います…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら