会社は90点の不在がちの人より60点の皆勤者を評価するよね??

子どもが小さいと、というより大きくても子どもの体調不良や行事で欠勤することがあると思います。
父親の育児参加とか言われても、母親の方が子供関連での欠勤の比重は圧倒的に多いんじゃないかと思います。

会社は90点の不在がちの人より60点の皆勤者を評価するよね??

もちろん、私が90点だと言っている訳じゃないです。

欲目に見ても、せいぜい75点くらいじゃないでしょうか??

75点だし、パートだし出世街道からはまぁどっちみち外れている私ですが、

テレワークなど働き方も多様化し、ワーママと呼ばれる人も珍しくなくなり、
ひと昔前、2児ワーママなんていったら少数派でしたが、

今では全くもって普通ですよね??
(田舎にはいろいろ言ってくる人はまだまだいますが)

そんな中、最近目にするようになってきたのが、

昇格試験で評価されるのは、実家が近くて実母の手を借りている女性

子持ちでも、実家パラサイトで急な欠勤無し、出張・残業OKの女性ばかりが評価される

子持ちなのにアフターの付き合いが悪いと評価されない

等々…

おそらく、そういう不満を持って不満を表に出す人って、
仕事ぶりは難なくソツなく、上司や同僚からも頼りにされているんだと思います。

でも、どの人を役付きにしようかってなった時、

そんな90点以上取れるけど、急な欠勤があったり、急な残業・出張不可の人よりも、

休日出勤や勤務時間後のフットワークが軽く、
場の空気を乱さない程度の人柄で、
仕事の経験年数や知識はある程度あれば、

60点でも、後者を選ぶのが人情じゃないですかね??

90点以上取れる力のある人でも、いざという時いなきゃ意味が無い訳ですし。
有能でも、しょっちゅういない上司とか部下とか嫌じゃんね??

実家パラサイトが無敵。
何より、実家にパラサイトできる根性が無敵。
義実家なら余計。。

そうでしょ??

週末は、ほぼ毎週ネームタグをアイロン接着しています…

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら