久しぶりに撮った父の写真で感じたこと

f:id:gunmamatanaka:20180109095048j:plain

お土産にいただきました。

”銀座のモンブランケーキ”

都会には、こんな美味しいものがあるんですねぇ…

 

お正月、実家へ遊びに行った時

父が孫(我が子)を抱いた写真を撮りました。

 

父は普段いつも写真を撮る役で、

カメラを向けても嫌がるので、写真があまりありません。

 

実家は隣町だし

割と顔を出している方だとは思いますが、

話している時は意外と、人の顔をまじまじ見ることはありません。

 

久しぶりに撮った父の写真を見て。

父は同年代よりも若いと言われるそうで、

私の記憶の中の父もずっと変わらないイメージでした。

 

やっぱり、強く記憶に残っているのは私自身が幼かった時の姿。

家族旅行をした時や、高校時代に送迎をしてもらった時etc

どれも、15年以上若かった時の父です。

 

改めて父の写真を見て。

若いと言われる父でも、それなりに年は重ねており、

客観的に見れば、孫を抱くおじいちゃんの姿に違和感はありませんでした。

 

親と話す時間を例えば1回10分として、年間6回帰郷すると1時間/年。

親と過ごせる残りの年数を20年とすると、

人生で親と話ができるのは、残り20時間。

1日24時間として、親と話せる時間はあと1日も残っていないのだと以前何かで読みました。

 

親孝行したいときには親はなし

とならない為に、今できることは何だろう。

できる限り、マメに実家へ顔を出したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら