幼少期の記憶

f:id:gunmamatanaka:20180124110900j:plain

幼少期の記憶―

 

3歳の時のひいおじいちゃんのお葬式。

迷子になった時 etc

 

他にも、

日常の何でもないことを

断片的にですが、覚えています。

 

しかし、

妹が生まれた時など、

覚えていたかったことはどう頑張っても思い出せないものです…

 

 

幼少期の記憶では、

ランドセルを買ってもらい背負った時の両親の顔や、

(今、覚えばいろいろと感慨深かったのでしょう)

幼稚園バスを待っている時に、ママ同士で手作りの幼稚園バックを褒め合っている風景

など、どうでもいい小さなことも結構あります。

 

今、長男は4歳。

 

どこどこへ旅行をしたなど、

忘れてしまうことも多いですが、

人格を形成する大切な時期です。

 

大人になるまで何を記憶しているか分からないので、

感情的に叱ったり、

理不尽な思いや寂しい思いをさせないように、

子と過ごす1日1日を大切にしたいものです。

コメント欄はこちら