海でおぼれている人がいたら、まず浮くものを持たせる

女子中学生3人、連携プレーで女児救う 「父に教わった救助法が役立った」

海に落ちて泣いている女児にペットボトルを抱かせると、「大丈夫だから」と声を掛け落ち着かせた。
その後、体を抱え堤防の階段がある場所まで約50メートル泳ぎ、無事救助した。

yahooニュース

海無県の我が家。
海無県で育った父が言っていた。

海は怖い。

溺れている人は、大人でも子どもでもパニックになっている。
パニックになっている人は、救助に対して必死にすがろうとするから、
泳ぎに自信がある人が薄着で入水しても、巻き込まれて引きずり込まれて、
双方亡くなってしまう。

と言っていた。

「海でおぼれている人がいたら、まず浮くものを持たせろ」

そうか、まず浮くものを持たせれば、救助はそれからでいい。

勉強になった。
備忘録。

耐水性サンドペーパーは浮きませんが、
陶器の水垢取りにはもってこいです

それと、父親と一緒にいた男児はパニック状態だったと記事にあるけど、
それは決してヘタレってことではない。

本当に大切な物を、思いがけず不意に覚悟無く成す術なく失いかけたら、

誰でもそうなる。

宗像消防署は近く、3人に感謝状を贈ることにしている。

私も感謝状を送りたいけど、送る術が無いので
陰ながら拍手と万歳を送ります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら