年長:こどもの喧嘩にどこまで首をつっこんでいいのか。パート1

保育園年長の長男と、1歳児クラスの次男。

昨年度から、運良くパートタイムでありながら、兄弟で同じ認可保育園へ通えるようになりました。

壁に貼り付いて、小物を持ってくれます。
脱衣所で、パパのメガネを持ちます

こどもの喧嘩にどこまで首をつっこんでいいのか

長男が、保育園で筆箱を無くしたと言うので、急遽私が社会人のころ会議や出張などで使用していた筆箱に、家にあった鉛筆(B2指定だけどHB)とその辺に転がっていた消しゴムと名前ペンを入れて持たせました。

それから1週間経ったころ。

お友達が、前に○○(僕)が使っていたのと同じ筆箱を持ってて、見せてって言ったら中の鉛筆とかも同じだったから、「それ僕が無くしてたやつだから返して」って言ったら、「じゃあ、消しゴムだけ返すよ」って言われた

と。

ナヌッ??

はっ??
えっ??ってなって、どこをどうツッコんだらいいのか分からなくなりつつ、

え。
でもやっぱり、筆箱は返してもらおうよ…

と言ったら、

でもさぁ、新しいやつ用意したんだし、もういいじゃん

と、長男。

そこから、何度か時間をずらしたりして長男に聞いても、口を噤んでしまいました。

帰宅してきた主人に伝えると、結構な勢いで激怒し、長男にも問い詰めていました。

本人は、先生に言ってないと言うので、私が先生宛てに手紙を書きました。

次投稿へ、続きます…(upは同時にします)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら