「突発性発疹」の疑い

金曜日の14時に次男の保育園から電話があり、
迎えに行きました。
診察券を持って通院しようと一旦帰宅し、熱を計ると平熱。

元気そうにしていたので、
体調不良の症状が出ていないのに病院へ連れて行っても、
むしろ病気をもらってしまうと思い、病院へ連れて行きませんでした。

が、夜お風呂に入れてからなんとなくいつもより熱が高く、
土曜日の朝には37.3℃。
平熱が35度台なので、だいぶ熱く感じました。

 

土曜日、小児科のweb予約をしようと思いきや、
予約がいっぱいで受付終了。
電話をかけると、
「予約はいっぱいなので受けられませんが、
待ってもらえれば順番に案内します」
とのこと。

 

小児科へ着くと、第2駐車場までほぼ満車。
病院の待合室は、
外国人が
「カドゥ(仮名)、カドゥ!!!」と、子どもの名前を大声で呼び、
注射で泣きくずれた子供、
あとどれくらいで診察してもらえるのかを受付に尋ねる保護者
これで少子化??と思うほどの子ども子ども子ども…
なかなかの戦場。

1時間半後、
やっと診察の呼び出しがありました。

前置きが長くなってしまいましたが

「突発性発疹」の疑い

2歳までの乳幼児に多くみられる、ウイルスによる発疹性感染症。
3〜4日間39℃前後の発熱が続き、解熱後に発疹が現れる”突発性発疹”

「長男は、かかりましたか??」と先生に聞かれるも、
長男は、生後4か月から保育園生活で
いろんな感染症を網羅してきて、
今となってはどれがどれだったのか。

でも、発疹って出たことないなぁと思いましたが、
発熱や発疹がないケースもあるようです。

 

咳を今週の頭からしていたと伝えると、
咳が数日続いてからの発熱というのは珍しいようで??
血液検査をしてもらいましたが、
胃腸炎でもなく血液検査でもおかしな数値はないので、
咳鼻水と今回の熱は関連がなく、
1歳という年齢的にも”突発性発疹”でしょうと。

 

咳と鼻水を抑える薬を処方してもらい、
解熱は以前処方してもらっていた坐薬を使いながら様子を見ることになりました。

「月曜日、まだ熱が下がらなければ午前中病院へ来てください。
解熱しても月曜日の午後再度来てください」

と言われました。

子どもが、
呼吸が苦しそう、
熱で元気がなかったり
食欲不振だと
大人もしょ気てしまいます...

たくさん寝て
水分もたくさん摂って
早く、元気になりますように

 

おんぶでやっと寝れたようなので、
明日に備えて私も寝ようと思います。

おやすみなさいzzz

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら