ついにイチゴの季節が終わってしまった。ケーキのイチゴが大好きでイチゴだらけになった長男を思い出しました

5月の半ば過ぎから、これで食べ納めかなって思ってからも数回食べたけど、ついに店頭から消えてしまった。

ケーキの上にイチゴがあるのはなぜ? 親になって知った幸せの気持ちを描く漫画に共感 「心が温かくなり癒されました」

yahoo!ニュースで見かけたコラム。

自分はチョコレートケーキの上のチョコプレートを食べてから、パパに「ちょっとここに置いておいてくれる」と、悪気なくイチゴをおねだり。

パパはためらいなくちょっちゃんのケーキの上へイチゴを置きます。そして、ママも同じようにイチゴをお皿の上へ乗せてあげました。

「ショートケーキのイチゴを惜しげもなくあげられる相手は、この世にそう多くはいない」

確かに、そうかもしれませんね。

イチゴが苦手なのにショートケーキを選ぶ人は少ないでしょうし、イチゴを食べるのを楽しみにしているはず。

大人であっても、それは変わりませんよね。

イチゴが大好きな長男。

じいちゃんが長男のケーキにイチゴを乗せたら、満面の笑みを浮かべた長男。

その顔がもう一度見たくて、私も乗せ、ばあちゃんからももう一つイチゴが乗り、おばちゃんからも貰って、お皿に乗りきらないほどのイチゴになった。

あれは、2年前の長男の誕生日だっただろうか?

ケーキは幸せの象徴と言われるけど、幸せだからケーキがあるのか、ケーキがあるから幸せなのか。

ケーキ、大好き。

子どものゲームでも、つい大人が本気になって手出しする。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら