小児科医に勧められた市販薬

テレビは、山口達也メンバーばっかりですね。
学生時代、私ファンレターを数回出したことあります。
20年以上前の話ですが、私の青春よサヨウナラです…泣

 

さて。
昨日の夕方、10か月の次男が鼻水小僧になりました。

夜までは、鼻づまりとたまに咳をする程度でしたが、
就寝後は、鼻が詰まって母乳も飲めず、グズグズ泣いて眠れないようでした。

鼻をかむ技術を習得するまでの鼻づまりって、
いまだにどうするのが正解なのか分かりません。

 

バナナが痞えて呼吸困難みたいになったりするし、
赤ちゃんてホント大変

今朝、長男を保育園へ送ってから、
開院待ちして小児科医へ行ってきました。

熱を測ると、37.4度と微熱。

 

先生の診断は、

生まれて10か月経ったけど、これからはどんどん風邪をひくよ。
風邪だと思うから、鼻水の薬を出しておくね。

今日もでしたがたまに先生から、
だいたいでいいから子どもの体重は?

と聞かれます。

10か月児健康相談でした

先日10か月検診があったので今回は言えましたが、
いつもはだいたいでも子どもの体重や平熱なんて分かんないんですよねぇ…

 

平熱は、
普段からたまにでいいから1日3回測った方がいいよ
と言われました。

微熱があると思っても、平熱が高い子も多いそうです。

 

で、
タイトルの先生から勧められた市販薬は、

大正 ヴィックスヴェポラッブ50g 瓶入り [指定医薬部外品]
by カエレバ

 

お母さん、使ったことある?
と聞かれて、
「はい」と言ったものの、

実母が愛用しており、
風邪をひくと胸にたっぷり塗られるんだけど、
小さいころは、ベタベタ・スース―して嫌だったなぁと思い出しました。

今では、花粉症のオリジナル荒治療??で、
ヴェポラッブを鼻の中に直塗りしてしまいますが…汗

いつも大混雑の小児科ですが、
今日は空いていました。
次男は昨日の睡眠不足を取り戻す為か、今はぐっすり眠っています。

 

ちょうど手持ちのヴェポラッブが切れていました。
処方薬は夜1回でいいそうなので、
午後長男を保育園へ迎えに行った帰りに
ドラッグストアで薬と一緒に調達してきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら