小さい子がいるのになんで働くのかという愚問。なぜ生きるのかと同義

いまさらですが、ハロウィン。
コンビニスイーツを、主人が買ってきてくれました。

カボチャの方は、
ちょっと柔らかすぎて、付属のフォークでは持ち上がりませんでした。

 

小さい子がいるのになんで働くのかという愚問。なぜ生きるのかと同義

小さな会社で働いています。
自営業のお得意様のおじいちゃんに、
お茶を出すことがあります。

おそらく社長から聞いたのでしょう。

「まだ小さな子がいるんだって?
旦那さんいるの?(旦那さん働いてるの?)」

と聞かれることが多いです。

「小さい子ほど保育料だって高いし、
小さいうちくらいは自分で見ればいいのに」

「そんなに経済力をつけてどうするの?
女の人も経済力があると、簡単に離婚しちゃうよね。
昔の女の人は耐えたじゃない」と言われたことも。

おじいちゃんでなくても、そう考える人は多いかもしれません。

 

 

長男の出産では、育休制度の前例がないといって、産休明けで復帰しました。

自分の家族からも、
義理の親戚・家族からも、
夫婦で死ぬほど「子どもがかわいそう」と言われました。

 

なんて、返せばいいですか??
なんと返せば彼らは満足でしょうか。

 

家族の幸せの為
と言えば、
お金ならなんとかなると言われ、

働けるうちに働かないと、急に働きたくなっても働けない
と言えば、
仕事を選ばなければ何でもあると言われ、

夫婦二人で働かなければやっていけません
と言えば、
お金なんてなんとかなるもんよと言われ…

義理親にいたっては、
我が家からの仕送りを受け取っておきながら、よくそんなことを言えたもんだと思いますけど、
またそれは別の問題として。

 

また、
家に子どもとじっとしていられない人でしょ??
なんて言われたこともあります。

 

極端な話
他人の生き方にあれこれ難癖つけるって、
「あなたなんで生きてるの」って質問と同義じゃないですか??

 

働かない選択肢を死ぬことに置き換えたらどうでしょう??

働けるうちに働かないと、急に働きたくなっても働けない
と言えば、
仕事を選ばなければ何でもあると言われ、
→あなたが生きなくても何とかなる

 

夫婦二人で働かなければやっていけません
と言えば、
お金なんてなんとかなるもんよと言われ…
→親なんてどちらか一人いれば十分よ

 

私は、働きたい。
主人も納得している。

 

子どもが大きくなって、
今後子どもが寂しさを感じたり、
学校行事等との両立を私が困難になるかもしれない。

 

 

それはその時、
他人ではなく
家族と相談して今後を決めればいいこと。

 

他人の生き方にあーだこーだ言ってくる人が、
我が家に対して
何をしてくれる訳でもないもの!!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント欄はこちら